リフォームプラザ 平塚ST 0463-22-2299 営業時間9:00〜18:00 定休日・火曜日 秦野ST 0463-80-0556 営業時間10:00〜18:00 定休日・水曜日
ホーム
平塚ステーション
秦野ステーション
まるごとリフォーム
エリア別
キッチン
お風呂
洗面所
目的別
耐震について
バリアフリー
りぷら君物語
会社概要
採用情報
お役立ちサイト
 
(株)阿部建業
 
日本木造住宅耐震補強
 
バリアフリー
 
まだまだ元気なんだからバリアフリーなんて遠い先の話、なんて考えていませんか?でも家の中には危険がいっぱい!すべったり、溺れたり、若い世代も油断は禁物。家の中の安全性、快適性を高めるバリアフリーへのリフォームは、実は年代に関係なくおすすめ。その理由とノウハウをご覧下さい。
 
バリアフリー住宅ってどんな家?
高齢者だけではなく一緒に暮らす家族にとっても安全な家。
体の機能が劣えたお年寄りや体に障害をもつ人にとって、家のなかのちょっとした段差がつまずきの原因になったり、辛い階段の昇り降りが行動範囲を狭くしたりします。
そこで、これらの障害を解消し、安全に快適に動けるよう段差をなくしたり、手すりを設けたりしたのがバリアフリー住宅です。
お年寄りや障害を持つ人にとって安全な住まいは、一緒に暮らす家族にとっても安全、快適な家となります。
浴室 段差 階段・廊下
広さは1坪あれば介助スペースもとれます。将来を考えての浴室のリフォームなら、手すりのつく位置への下地補強、脱衣室との段差の解消、出入りしやすく滑りにくい浴室の設置を行うとよいでしょう。 家の中やアプローチから玄関までの段差はできるだけなくしたいもの。どうしても解消できない場合は床の仕上げ材を滑りにくい素材に変えたり、照明で明るくして見やすくすることがポイントです。 廊下は幅が85cmあれば車椅子で直進が可能。階段はできるだけ緩やかで、曲がっている部分に段差のない踊り場をとるのがおすすめです。安全を考えて居室スペースを犠牲にしても、廊下や階段に配慮したいものです。
↑ページのトップへ戻る
Copyright (C) Abe Kengyo Co.,LTD. All Rights Reserved.